×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者向け麻雀講座
 更新履歴 
ブログパーツ

『初心者向け麻雀講座』へようこそ!このサイトは『これから麻雀を始めたい人・麻雀を覚えたい人』のためのサイトです。

 トップページ >>> 親の決め方

  親の決め方 

  『場決め』が終わったら、次は『親決め』です。

 場決めで東を引いた人を、仮親(かりおや)又は仮東(かりとん)といいます。

 仮親は2個のサイコロを振り、出た目の人が親になります。

 また、それ以外の人は子となります。

 では、サイコロの出た目について説明します。

 2個のサイコロを振るのだから、当然出る目は2〜12になります。
< 図2−1 >

 上の< 図2−1 >をご覧下さい。

 例えば、A席に座っている人が仮親だとしましょう。 2が出た場合はB席の人、

 3が出た場合はC席の人、4が出た場合はD席の人、5が出た場合はA席の人、

 6が出た場合はB席の人、7が出た場合はC席の人、8が出た場合はD席の人…(以下繰り返し)。

 といった具合に、出た目分反時計回り数えていきます。
サイコロの出目 早見表
2・6・10 3・7・11 4・8・12 5・9
B席の人 C席の人 D席の人 A席の人

サイコロの出た目の覚え方として、次のような覚え方があるので参考にして下さい。

右2(うに)、右6(うろく)、右10(うじゅう)
対3(といさん)、対7(といしち)、対11(といじゅういち)
左4(さし)、左8(さっぱ)、左12(さじゅうに)
自5(じご)、自9(じく)

 また、あなたが座った席の左側の人を上家(かみちゃ)、右側の人を下家(しもちゃ)、

 向かい側の人を対面(といめん)といいます。合わせて覚えておきましょう。
(C) 初心者向け麻雀講座, 2007. All rights reserved