×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者向け麻雀講座
 更新履歴 
ブログパーツ

『初心者向け麻雀講座』へようこそ!このサイトは『これから麻雀を始めたい人・麻雀を覚えたい人』のためのサイトです。

 トップページ >>> 面子の種類と特徴

  面子の種類と特徴 

  麻雀でいう面子(めんつ)とは、2つの意味があります。

 1つは、麻雀をするための仲間やメンバーのことをいいます。

 麻雀をするために人間を集めることを、「面子を集める」といいますね。

 もう1つは、手牌の中の麻雀牌を組み合わせて作る「3枚組(4枚組)」の麻雀牌の仲間をいいます。

 ここでは、後記の面子について説明します。

 …と、その前に麻雀牌の名前種類は覚えましたか?

 自信がないという方は復習しましょう!





  麻雀であがるためには、1つの雀頭(じゃんとう)と4つ面子を作る必要があります。

 (七対子(ちーといつ)・国士無双(こくしむそう)を除く)

 雀頭とは、単に頭(あたま)とも呼ばれ、2枚組みの麻雀牌をいいます。

 など。雀頭の種類は、麻雀牌の種類(34種類)分あります。

 面子には、順子(しゅんつ)、刻子(こーつ)、槓子(かんつ)の3種類があります。

 それでは、順子から順番に説明していきます。



  順子とは、「234」や「789」など、数牌でのみ作れる3枚組の面子です。

 上家の捨て牌を「チー」して作る順子を明順子(みんじゅんつ)といいます。

 自分の配牌、ツモ牌だけで作る順子を暗順子(あんじゅんつ)といいます。

 (明順子・暗順子の言葉はあまり使わないので、絶対覚える必要もありません。)

 下の表のように、萬子7種類・筒子7種類・索子7種類の合計21種類の順子があります。

 これ以外の順子はありません。

 
123 234 345 456 567 678 789
萬子
筒子
索子

 順子は、上の表のように同じ色(種類)の麻雀牌で作らないと、順子として認められません。

 など、順子にはなりませんので注意してください。

 また、のようにもつながりません。





  刻子とは、同じ麻雀牌で作る3枚組の面子です。順子と違い、全ての麻雀牌で刻子を作ることが可能です。

 他家の捨て牌を「ポン」して作る刻子を明刻子(みんこーつ)、または明刻(みんこー)といいます。

 自分の配牌、ツモ牌だけで作る刻子を暗刻子(あんこーつ)、または暗刻(あんこー)といいます。

 など。刻子の種類は、雀頭と同様に麻雀牌の種類(34種類)分あります。





  槓子とは、刻子に1枚増えた4枚組の面子です。ただし、4枚持っているだけでは槓子にはなりません。

 「槓(かん)」と宣言して、場に晒(さら)した(みんなに見えるように)とき、初めて槓子になります。

 他家の捨て牌を「カン」、または明刻に4枚目をツモって「カン」してできた槓子を明槓子(みんかんつ)、

 または明槓(みんかん)といいます。

 他家の捨て牌を「カン」することを大明槓(だいみんかん)、

 明刻に4枚目をツモって「カン」することを加槓(かかん)といいます。

 暗刻に4枚目をツモって「カン」して作る槓子を暗槓子(あんかんつ)、または暗槓(あんかん)といいます。
(C) 初心者向け麻雀講座, 2007. All rights reserved