×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者向け麻雀講座
 更新履歴 
ブログパーツ

『初心者向け麻雀講座』へようこそ!このサイトは『これから麻雀を始めたい人・麻雀を覚えたい人』のためのサイトです。

 トップページ >>> 配牌

  配牌 

  配牌を取り始める牌山の決め方、王牌との分け方、ドラ表示牌の場所、理解できましたか?

 まだ、自信がないという方は開門より復習しましょう!

 さていよいよ配牌(はいぱい)です。2トンづつ、親(東家)⇒南家⇒西家⇒北家の順番で取っていきます。

 配牌は親(東家)・南家・西家・北家、それぞれ13枚づつですが、

 親(東家)だけは、配牌を取る時に第一ツモ牌も一緒に取るので、14枚になります。

C
D
 

































上山:東家の第一ツモ牌
上山:西家 下山:北家
上山:東家 下山:南家
北家
北家
西家
西家
南家
南家
東家
東家
北家
北家
西家
西家
 ←
















王牌
 
南家南家東家東家北家北家西家西家南家南家東家東家 王牌(嶺上牌)王牌(嶺上牌)王牌(ドラ表示牌)王牌王牌
─── 2回目 ───┘ └───── 1回目 ─────┘
B
A(親)
< 図6−1  >

 A席が親(東家)とし、サイコロの出目が5だったときの配牌の取り方です。

 分かりやすいように色分けしています。(実際はこんなカラフルではありません。)

 A席:親(東家)⇒赤  B席:南家⇒青  C席:西家⇒黄  D席:北家⇒緑

 配牌を取る順番は親(東家)⇒南家⇒西家⇒北家と反時計回りですが、牌山は時計回りに取っていきます。

 < 図6−1 >のように4回に分けて配牌を取ります。

 
1回目 親(東家)⇒南家⇒西家⇒北家
2回目 親(東家)⇒南家⇒西家⇒北家
3回目 親(東家)⇒南家⇒西家⇒北家

 ここまで、2トン(4枚)×3回で各々12枚の配牌を取っています。

 最後の4回目ですが下の< 図6−2 >のように、親(東家)が上山から1つとびに2枚の配牌(1枚は第一ツモ牌)を

 取ります。親(東家)が1つとびに配牌をとる、このことをチョンチョンと言ったりします。

 その後、南家、西家、北家の順に1枚づつ配牌を取り完了です。

 【親(東家)配牌13枚+第一ツモ牌1枚=14枚 南家・西家・北家=13枚】になりますよね?

                                           (東家)(西家)(東家の第一ツモ牌)
── 2回目 ──┐  ┌────── 3回目 ──────┐  ↓   ↓  ↓
                                             ↑   ↑
                                           (南家)(北家)
< 図6−1 >の矢印の方向から見たD山
< 図6−2 >

 サイコロの出目が5以外の場合でも、配牌をとる順番は親(東家)⇒南家⇒西家⇒北家の順番で、

 牌山は時計回りに取っていきます。2トン×3回づつ取った後、4回目を同じく親(東家)のチョンチョンの後、

 南家、西家、北家の順に1枚づつ取り完了です。
(C) 初心者向け麻雀講座, 2007. All rights reserved