×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者向け麻雀講座
 更新履歴 
ブログパーツ

『初心者向け麻雀講座』へようこそ!このサイトは『これから麻雀を始めたい人・麻雀を覚えたい人』のためのサイトです。

 トップページ >>> テンパイの形

  テンパイの形 

  手牌があがりの1歩手前の状態(あがれる形になっている状態)をテンパイといいます。

 逆に、テンパイの状態ではない場合をまとめてノーテンといいます。

 ノーテンの中には、あと1枚の有効牌でテンパイという状態を一向聴(いーしゃんてん)、

 あと2枚の有効牌でテンパイという状態を二向聴(りゃんしゃんてん)、

 三向聴(さんしゃんてん)、四向聴(すーしゃんてん)…といいます。

 そして、テンパイすることを「テンパる、テンパった、張る、張った」などといいます。

 では、テンパイとはどのような形なのか?

 基本テンパイ形(1雀頭・4面子)特殊テンパイ形(七対子・国士無双)に分けて説明しましょう。
(C) 初心者向け麻雀講座, 2007. All rights reserved